YOKOHAMA FOOD LOVEYOKOHAMA FOOD LOVE食品ロス削減の取り組み

食品ロス削減月間である10月に、
YMBLと横浜市が協働で実施した
「てまえどりキャンペーン」

更新日:2020.12.01

まいばすけっと「てまえどりキャンペーン」の様子

▲まいばすけっとでは、期限が短いおにぎりやお弁当を対象に実施

神奈川・東京を中心に小売店を展開している「まいばすけっと」では、市内200店舗、都内950店舗で「てまえどり」を呼びかけました。実際の店舗ではどのように取り組んだのか、「まいばすけっと根岸駅西店」にお伺いしました。

対応していただいたのは、店長の阪井さんと経営企画部コーポレートブランディングの島﨑さん。
「目立ちながらもやさしい色合いのポップが気に入っています。」と島﨑さん。
阪井さんは、「食品ロスが出ないよう発注や商品管理を工夫しています。お客様にとっても手間なく簡単に取り組むことができるキャンペーンだと思いますし、この店舗ではてまえどりを実践してくれるお客様が多いと感じています。」とお話ししてくれました。

まいばすけっと根岸駅西店 店長の阪井さん

▲店長の阪井さんが
気さくに取材に応じてくれました

キャンペーンは11月初旬で終了しましたが、「次に実施する際は多くのお客様に知っていただけるようポップの取り付け箇所を増やしてまた実施したい」と話し、次回に向けた前向きな期待を寄せてくれました。
この「てまえどり」を通じて事業者と消費者が協力し、食品ロス削減につながることを期待しています。

先頭に
戻る